メイシー導入インタビュー

メイシーを実際に導入いただいている企業さまの声を紹介します。

写真:Crevo株式会社 代表取締役 柴田憲佑氏

柴田憲佑氏

  • Crevo株式会社 代表取締役


メイシーにはSFAの複雑な機能はいらないと思います。

 

―御社は何をやっている会社ですか。

グローバルなデザイナーやクリエイターと日本企業とマッチングするクラウドソース事業を展開してまして。現在はデザインクラウドサービスのデザインクルーというサービスと、サービス紹介動画制作のCREVOの2つのサービスを運営してます。

―柴田さんはなぜ創業したのですか?

日本企業は中小企業も含めてもっとどんどん海外展開するべきだ。というビジョンが先にあってその為には日本人だけのチームだけで行くのはダメだし、ダイバーシティが大事だけど現状は日本の体質はまだまだそうじゃないという時に海外の人と仕事が出来るプラットフォームを提供したい!と思って創業したんですよね。

―メイシーはどこで知って頂いたのですか?

渋谷のコワーキングスペースのライトニングスポットに行ったらメイシーさんのスキャンスポットがあってそこで名刺をスキャンしてる人を見て、お、これは便利そうだなと思ったのがきっかけです。

―メイシーを導入される前はどのように名刺管理されていたのですか?

僕らがクラウドソーシングサービスを提供していることもあって海外のクラウドソーシングサービスを使ってエクセルでデータベースを作ってもらっていたんですけど、都度発注する手間やエクセルで来たものを結局こっちで加工しなきゃいけないなど、面倒くさかったんです。そこでメイシーさんのことを知って毎月の名刺量などから計算するとメイシーさんでやった方が安いし楽になるということがわかって導入したんです。

―メイシーを導入されてから何が変わりましたか?

日々の業務の中で名刺を探したりなどのちょっとした手間とか無駄って気にしないと気づかないと思うんですけど、そういう無駄は本当に全部なくなったので凄いスムーズになりましたよ。外出先でもアプリやPCでいつでも名刺情報が瞬時に見れるので、お客様とのコミュニケーションにも役立ってますね。

―メイシーのどの機能を一番よく使われていますか?気に入ってる点はありますか?

写真:柴田さんと弊社小林

やっぱり使うことが多いのは外出先で、あの人誰だっけ?という時に会社名か苗字で検索することが一番多いです。PC目の前にして打ち合わせなどすることが多いので、会話の中で人を思い出して検索して会話に役立てるみたいなことが特に増えましたね。

今後は年賀状印刷やその他のことにも使っていきたいですね。

―このような機能があればいいのに。などのご要望などはありますか?

アプリで住所の情報をタップした時にどの地図アプリで開きますか?の選択肢があればいいなと。Googleマップを開きたいと思ってもiPhoneだとアップルの地図アプリが開いちゃったりするので。

SFA的な営業進捗管理の機能などはメイシーではいらないと思いますね。シンプルさがなくなっちゃいますし。営業の進捗管理とかは専門のソフトウェアも沢山ありますしね。メイシーは今のままのシンプルさがいいと思います。

―ありがとうございます!本日はインタビューありがとうございました!

お申込みはこちら

お問い合わせ

分からないことがあれば、いつでもお電話ください。すぐに担当者がご説明いたします。

06-6398-5439 受付時間 月曜日~金曜日 10:00~18:00